一生分の価値

先輩が熱い思いで教えてくれる。
先輩が若いときに苦労したことを知っているから

聞いていると
その思いがどんどん伝わってくる。

先輩の苦労は十数年。
それに比べれば
私の場合はまだほんの数年だ。

まだ経験が足りないということだ。

先輩はこう伝えてくれる。
「失敗や困難に出くわしたときこそ
その人間の真価が問われる」と。

先輩の十数年の体験は非常に重い。

理想は
その先輩に体当たりすること。

そんな先輩に出会えたからこそ
チャレンジできること。

一方、体当たりするには
相当なエネルギーが必要となる。

その先輩と一緒に仕事ができるのは一瞬だが

その先輩から得られるものは一生分の価値がある。




この記事へのコメント