過剰なアドバイス

あるコーチが生徒である私に言ってくれた。
「基本、基本と言いたくない」と。

基本を植え付けると、少しでもイレギュラーな場面に遭遇すると「教えてもらってないから」と言って対処に困る。

コーチは私にこう付け加えた。
「イレギュラーな場面でも、何も教えてもらっていない子供だと色々なアイデアを出してチャレンジする」と。

そこで気付かされた。
「過剰なアドバイスは、その人の成長を妨げる」と。

コーチは目先では、自分のアドバイスに対して忠実に実行してくれる生徒に安心する。

けれどもコーチの本来の目的は何だろうか。
コーチ自身の達成感・満足感ではなく、生徒の成長や楽しんでもらうことではないだろうか。

コーチの言葉は
とても刺激的で、改めて気付かされたものだった。

この記事へのコメント