隣の選手

チーム競技は個人競技と違って、必ず貴方の隣に選手が存在する。
だから、常に隣人が何をするのかを考え、隣人と関わりを持たないといけない。

その隣人は、貴方と同じ考え方を持たない、価値観も違った選手であり、決して貴方が思っている通りには動いてくれない。

そんなつもりはなくても、正しいと思ってプレーした貴方の考えも、隣人の選手の力を発揮させているとは限らない。

チーム競技の場合、1+1が最低でも2になればいいが、ときに2を下回ることがあったりする。

チーム競技の難しい部分であり、成功すれば間違いなく喜びは倍増する。

力を持った選手がたくさんいたとしても、目先の結果を得られることはできるかもしれないが、チームが成長するには限界がある。

思いやりが要求されるというわけだ。

この記事へのコメント