試合巧者

選手に働きかけることが出来るチームは試合巧者だ。

ラリーをしているとさまざまな展開が訪れる。

ブロックを飛ぶべきか、飛ばざるべきか。
それとも、少し加減をしながらブロックするか。

自陣チームがアタックを打つ際に、相手ブロックがどのようになっているのか。
1枚、2枚なのかそれとも3枚ブロックが飛んでいるのか。

相手チームからのチャンスボールに対して、
どのようなフォーメーションで対応するか・・・。などなど

ラリーの最中に、どれだけ選手たちに働きかけをすることが出来るか。

働きかけるとは、選手たちに指示・命令することではない。

いち早く、ラリーの状況を読み、その先の状況を周りの選手たちに伝えることだ。

目先のボールをただ追いかけるのではなく、
目先の一点を追い求めるのでもない。

そんな選手がたくさんいれば、選手たちは助けられる。

この記事へのコメント

バレーばか2号
2015年07月15日 13:56
ひょんな事から、このブログを見つけました^^
しかも偶然にも今日は私の誕生日!すてきなプレゼントをもらった気分です。
昨日もサウナ状態の中、みんなで楽しくバレーをしてきました><  実業団の試合を見て、さっそくIさんが
“ネット際のボールをオーバーでネットにあてて、さらにオーバーでトスをあげる”という課題を持ち出して、早く来た3人で「あーでもない」「こーでもない」と試行錯誤してみました。いつも新しい事に挑戦してみようという向上心の高さに頭が下がります。19日はリーグの閉幕戦があります。なんとか1部に残れるように頑張ります!(私はもっぱら応援ですが・・・)
そしてその後は慰労会なので、おいしいビールが飲めるといいなと思います^^  (いつもおいしく飲んでいますけど)