選手の店員

プロ選手のスタッフは緊張した選手をリラックスさせるために、楽しんでもらうことに専念する。

緊張すると筋肉はこわばり、思い通りのプレーが出来ないことを知っているからだ。
プレッシャーをかける場面と、勝負する真面を混同していない。
いつでもどこでもガミガミ檄を飛ばしているだけでは選手の競技力のアップには繋がらない。

選手たちは日頃、厳しいトレーニング(練習)をこなしているわけだから、勝負のかかった試合のときはのびのびと、思う存分自分のやりたいプレーをしてもらいたい。

試合中は選手達から聞かれたことだけ返答する。
楽しんでもらうように関るようにする・・・。

突き詰めれば、そのことに気付く。

そのスタッフは言っていた。
「私は店員でいいと。お客さまからの要望に応えるだけだ」

この記事へのコメント