選手のモヤモヤ感を消す

今更ながら、選手(教わる側)になって気付くことがある。

悪い状態のときだけ、「ああしろ!こうしろ!」といった指示・命令だけでは、選手側は今、どのような状態になっているのかが分からない。

それは、今の状態が上手くいっているのか、それともそうではないのかということを都度、選手側に伝えなければ、選手の中で迷いが生じてしまうことになる。

上手くいったときに、選手を褒めると、選手が調子に乗るからといって伝えることをしない指導者がいるが、今の状態を伝えることと、褒めることは全く別次元のものである。

目指すプレーができたならば、それは即座に選手に伝えなければならない。
そのタイミングを逃すと、選手の中でモヤモヤ感が消えない中でプレーを続けることになる。

それは選手の成長を考えたときにはマイナスである。

ただ、そんな指導方法を経験している選手は少なくない。

選手の良い状態、悪い状態を伝える。
指導者の感情は脇に置き、ただ、選手の状態を伝えるだけで、選手は進むべき方向が見えてくるのではないのだろうか。


この記事へのコメント