失敗ではなく未完成

やりたいことがチャレンジでき失敗が出来る環境は大切だ。
ただ、失敗とは決して敗れ失うことではなく、今は未完成の状態であるということ。

だから選手が失敗したことで、指導者は一喜一憂するのではなく
その選手の成長過程だと思って応援したい。

逆に言えば、指導者も選手のお陰で成長させてもらっているのかもしれない。

出来なかったことを経験することで、選手は色々な考えを頭の中でめぐらす。
その過程が成長するにあたりとても大切だ。

自分がとったプレーが上手くできなかったことで、選手は知ることになる。
そのプレーをしてはダメだということを。

選手はしてはいけないプレー、できないプレーを知るべきなのだ。
それを知ることで選手は成長する。

選手は常に未完成の状態であることが成長につながる。
現在進行形、ingの状態が選手を成長させる。
指導者は未完成の状態を応援しなければならない。

失敗ではなく未完成。

この記事へのコメント