選手の質問力

教えられる側からすれば、コーチからのアドバイスも大切だが
それ以上に、コーチへの質問力が大切だ。

「上手くなるためにはどうしたらいいか?」といった具体性のない質問はよくない。
それよりも、例えば質問を数値化したりしてみるとより具体的であり、イメージが分かりやすくなるのではないだろうか。

コーチから「もっと○○を強くしろ!」と言われてもなかなかイメージがわかない。
どれくらい強くしたらいいのか分からない。

それよりも、例えば、いつものプレーを100%とした場合、○○%強くしろ、と言ったように、具体的に数字を示すことでより選手側のイメージがわきやすい。

教え方が悪いと言う前に
少し質問の方法を考えてみてもいいのではないだろうか。

この記事へのコメント