イメージを大切に

バレーボール競技を伝えるのは至難の業。

例えば、腕、肘、手首、指先・・・、すべての関節や神経は繋がっているから、その一部分だけを抜き出してアドバイスをしてもうまくいかない。

全ては一連の動作となっている。
細かい部分を抜き出しアドバイスするのではなく、全体の流れの中で伝えなければならない。

「肘を上げろ!」「手首を返せ!」と言っても、本人のプレーはギクシャクするだけ。

特に他競技をしている(していた)人にバレー競技を教えるには考える。

アタックを打ってもボールを上に吹かすばっかりで、コートに入らずうまくいかない野球選手にはどんなアドバイスが必要なのだろうかと考える。

ボールを上に吹かすからといって「手首を返せ」と言っても、返すタイミングが分からないから、余計にギクシャクする。

それよりも、感覚を伝えるために、野球に例え「ストライクゾーンの低めにボールを投げるイメージでアタックを打ってみては」と伝えてはどうだろうか。

逆にブロックにワンタッチさせるには、「ストライクゾーンの高めに投げるイメージで」と伝える。

ボールを投げるフォームとアタックを打つフォームは基本的に一緒

あとはそのイメージを大切にしながら回数をこなすだけだ。




この記事へのコメント